So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡−大津地検(時事通信)

 腹痛を訴えた男性受刑者=当時(56)=に適切な処置をせず死亡させたとして、業務上過失致死容疑で書類送検された滋賀刑務所の刑務官8人について、大津地検は5日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。地検は「過失を認定するに足る証拠がない」としている。
 受刑者は2007年9月に急性腹膜炎で死亡。滋賀県警は昨年6月、十二指腸かいようを患っていた受刑者から複数回、腹痛の訴えがあったのに医師に診せるなど適切な処置をしなかったとして、8人を書類送検していた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
副看守長ら4人、二審も有罪=死傷との因果関係認める
「獄中で暴行、迫害受ける」=金嬉老元受刑者の手紙公開
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検
わいせつ行為、刑務官を再逮捕=男性受刑者に再三強要

ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」(産経新聞)
イルカ漁隠し撮り映画、漁協抗議で上映会中止(読売新聞)
健保利用者の統計作成、東京の会社が破産手続き開始(医療介護CBニュース)
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。