So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<掘り出しニュース>さよなら「くのいち号」 7日にイベント(毎日新聞)

 【三重】5日で通常の営業運転を終える伊賀鉄道の忍者列車「くのいち号」(ピンク色)のさよならイベントが7日午前10時〜正午、伊賀市上野丸之内の上野市駅車庫で開かれる。

【関連記事】伊賀鉄道:松本零士さんデザインの新車両を12月末に導入 青色の忍者描く 三重

 くのいち号は漫画家・松本零士さんのデザイン。98年3月にデビューした。車両自体は63年の製造で、地球100周余に相当する約410万キロを走行。新忍者列車導入に伴い引退する。

 イベントは伊賀鉄道友の会(池澤基善会長)が主催する。午前10時から車庫に展示し、特別ヘッドマークを付けての撮影会やオリジナルチョコレートなどのグッズ販売、子どもが車掌を体験できるコーナーがある。同鉄道は「乗客の皆さんに感謝し、思い出に残る企画にしたい」と来場を呼びかけている。

 くのいち号は7日午後1時17分、上野市駅発伊賀神戸行きの臨時列車が最後の運行で、一般の乗車はできない。

 問い合わせは同鉄道(0595・21・0863)。【伝田賢史】

〔伊賀版〕

【関連ニュース】
【写真特集】貴重な車両がいっぱい 各地のローカル鉄道
【写真特集】北から南まで 日本の鉄道
【写真特集】日本の路面電車
【写真特集】新幹線図鑑

千葉県警の不正経理5億7000万円(産経新聞)
新幹線事故 ボルト4本付け忘れ パンタグラフ交換の際(毎日新聞)
宮城県北部で震度4(時事通信)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。